トップページ >  オイルシャンプーの基礎知識 >  オイルシャンプーとは

オイルシャンプーとは


最近、よく耳にするオイルシャンプーとは、動物や植物から抽出した油を原料としているシャンプーです。 原料が油であることから「オイルシャンプー」と呼ばれているのです。

代表的なものではオリーブオイル、馬油、アルガンオイル、ホホバオイルなどであり、 それぞれオイルに特徴がありますが、一般的にオイルシャンプーは髪にツヤと潤いを与えてくれる効果が期待できます。 オイル=油というイメージからなんとなく髪や地肌がべたつくのではないかと思われがちですが、 実際に使ってみるとオイルシャンプーにべたつき感はそれほどありません。

オイルシャンプーは動物系オイルシャンプーと植物系オイルシャンプーに分けられます。 動物系は、動物のしっぽや毛などから抽出した油を使用しており、羊や豚のほか、馬油も人気があります。 馬の毛並を見ればわかりますが、確かにツヤのある美しい毛をしていますね。 さらに馬の細胞は人間の細胞に似ていることからほかの動物より吸収しやすいといわれています。

一方、植物系シャンプーは、アルガンやバオバブなどの樹木から抽出されるので、 100%天然と謳っているシャンプーが多く、低刺激であることから子供や敏感肌の人も安心して使用できます。