トップページ >  オイルシャンプーの成分解析 >  ロレアルミシックオイルシャンプー

ロレアルミシックオイルシャンプーを成分鑑定!

ロレアルミシックオイルシャンプーの成分を
「オイル成分」
「育毛成分」
「頭皮によくない成分」
に分けました。 ロレアルミシックオイルシャンプーの成分の詳細がわかります。

オイル成分
項目 商品中の配合成分 成分の評価
オイル成分 アルガンオイル、コットンシードオイル
オイルのタイプ 植物性油脂
オイルの効果 アルガンオイルは髪のダメージをケアし、コットンシードオイルは髪にうるおいを与えます。

育毛成分
項目 商品中の配合成分 成分の評価
育毛成分 サリチル酸、リモネン、ヤシ油脂肪酸メチル、ヘキシルシンナマル、クマリン、リナロール、アルガニアスピノサ核油、アボカド油、シロバナワタ種子油、ブドウ種子油

頭皮に良くない成分
項目 商品中の配合成分 成分の評価
シリコン アモジメチコン
パラベン なし

ロレアルミシックオイルシャンプーの全成分

水、ラウレス硫酸Na、ココベタイン、ラウレス-5カルボン酸、コカミドMIPA、アモジメチコン、塩化Na、ポリクオタニウム-10、PPG-5セテス-20、安息香酸Na、ラウレス-2、サリチル酸、リモネン、ヤシ油脂肪酸メチル、ヘキシルシンナマル、クマリン、リナロール、ブチルフェニルメチルプロパナール、ベンジルアルコール、ヤシ脂肪酸Na、ヒドロキシシトロネラール、アルガニアスピノサ核油、アボカド油、シロバナワタ種子油、ブドウ種子油、アミルケイヒアルデヒド、水酸化Na、クエン酸、香料


ロレアルミシックオイルシャンプーの成分のポイント

アルガンオイルで髪のしなやかさを保つ

モロッコの黄金と呼ばれるアルガンオイルが含むビタミンEと必須脂肪酸が髪のダメージ部分にアプローチし、しなやかな髪に導きます。

綿から取れるコットンシードオイル配合

綿から取れるコットンシードオイルが含むリノール酸が髪に潤いをもたらし、サラサラと軽い艶のある髪に導きます。

刺激性の強いラウレス硫酸Naが難点

洗浄成分として、刺激性の強いラウレス硫酸Naが含まれている点が難点といえます。


ロレアルミシックオイルシャンプーは「見送り」

アルガンオイルで髪のしなやかさを保つ

オイル成分・・・  (5点満点)
育毛成分・・・   (2点満点)
悪い成分・・・   (2点満点)

総合評価・・・ (9点満点)




ロレアルミシックオイルシャンプーの商品詳細

サロンでも使われているロレアルのミシック オイルシャンプーが250mlサイズで自宅で使用できます。
2つのオイルが配合されているので、そのオイルのそれぞれの有効性を感じることのできる商品です。ヘアアイロンやドライヤーなどで酷使された髪をヘアケアをしながらも日々のスタイルづくりのベースを作ってくれます。香水のように香りにオレンジ・アイリスなどのトップノート、マンダリン・きんもくせいなどのミドルノートがあり、ベースの香りにはアンバー・ムスク・イランイランなどの香りが使われ、シャンプーしながら香りに包まれます。

しかしながら、洗浄力のサポート成分として、刺激性の強いラウレス硫酸Naが含まれている点が難点といえます。
価格 2200円
内容量 250ミリリットル
特典 なし