トップページ >  > オイルシャンプーの成分鑑定一覧

オイルシャンプーの成分鑑定一覧

オイルシャンプーを選ぶポイント
『オイル成分』は植物性油脂より動物性油脂が頭皮に馴染む
『育毛成分』は多いほうが髪の毛にいい
毛穴をふさぐ『シリコン』と添加物の『パラベン』が入ったものはダメ

人気20種類のオイルシャンプーを、『オイル成分』『育毛成分』『シリコン』『パラベン』の4項目で評価しました!

オイル成分 育毛成分 シリコン パラベン
(刺激防腐剤)
総評

ウーマシャンプー(UーMAシャンプー)

こうね馬油

なし

なし


アルガンK2シャンプー

アルガンオイル

なし

なし


エルーカ(ErucA)

シードオイル

なし

なし


美髪ベースメイクシャンプー 守り髪

アルガンオイル

なし

メチルパラベン、プロピルパラベン


EXGREAT HEAR ESTHE EX

ナノセラミドオイル、スクワランオイル

なし

メチルパラベン


オイル成分 育毛成分 シリコン パラベン
(刺激防腐剤)
総評

モイスト・ダイアンオイルシャンプー ボリューム&スカルプ

モロッカンアルガンオイル、バオバブシードオイル

なし

なし


uruotte(うるおって)

オーガニックホホバオイル

なし

なし


大島椿オイルシャンプー

椿油

なし

メチルパラベン、プロピルパラベン


モイスト・ダイアン オイルシャンプー モイスト&シャイン

モロッカンアルガンオイル、バオバブオイル

なし

なし


ロレアルミシックオイルシャンプー

アルガンオイル、コットンシードオイル

アモジメチコン

なし


オイル成分 育毛成分 シリコン パラベン
(刺激防腐剤)
総評

大島椿コンディショニングシャンプー

ツバキ油

なし

メチルパラベン 、プロピルパラベン


アズマ商事の馬油シャンプー

ホホバオイル、馬油

なし

パラベン


比較表の見方

比較表では、オイルシャンプーに含まれている以下の成分をチェックしています。

オイル成分
オイルシャンプーに含まれるオイルは、いってもいろいろな種類があり、効果もさまざまあります。オイルシャンプーに含まれるオイルは、植物性油脂と動物性油脂に分けられます。

育毛成分
シャンプーは頭皮を洗浄することが目的ですが、頭皮に触れる部分が大きいため、育毛成分はたくさん含まれていたほうが当然よいです。最近の人気のシャンプーの大きな特徴の一つです。

シリコン
シャンプーはシリコンとノンシリコンに分かれます。シリコンが髪によくないと考えられているのは、髪の表面に吸着してそれがはがれる時、キューティクル、も一緒にはがしてしまうからです。

パラベン
パラベンとは、ヘアケア用品や化粧品の中の雑菌が増えないようするための「防腐剤」です。XXXパラベンと記載されている成分で、メチルパラベン・エチルパラベン・プロピルパラベン・ベンジルパラベン等があります。


採点方法は次のとおりです。

合計点数 = 「オイル成分」+「育毛成分」+「シリコン」+「パラベン」

「オイル成分」の採点法
= 3点
= 2点
= 1点
= 0点


「育毛成分」の採点法
= 2点
= 1点
= 0点


「シリコン」の採点法
= 1点
= 0点


「パラベン」の採点法
= 1点
= 0点